Top > 地域 > 絶対に無理でも

絶対に無理でも

特定調停による方法も任意による整理と似ていて各債権を有する者に対して借金の返済を行うことを選択した債務整理の選択肢なのです。

 

言い換えるなら裁判所が関係する負債の整理といえるでしょう。

 

特定調停という方法も任意整理による方法と似ていて、破産手続きとは異なりある部分のみの借金だけを整理していくことが可能なため、連帯保証人がいる借入金以外だけで整理をする時や自動車ローンを除き検討したい場合などにおいてでも使用することが可能になりますし、全ての資産を放棄してしまうことは求められませんのでクルマや土地などの個人資産を持っていて、手放してしまいたくない場合でも有効な債務整理の方法となっています。

 

いっぽうで、手順を踏んでから返済する額と現実の手取り額を比較検討し常識的に見て返済の目処が立つようならばこの特定調停による処理を進めることは問題ありませんが破産と違って返済義務自体が消滅するという意味ではありませんので、借りている金額がだいぶある場合などは、残念ながら特定調停の手続きを進めることは困難だといえるでしょう。

 

あと、特定調停による解決は公的機関が間に入るため専門家にお願いしなくてもリスクが増える心配はないということとか、金額を圧縮できるという良いところはあるのですが、各債権者からのきびしい催促に債務者自身が説明する必要があることや、所定の裁判所にことあるごとに通うことが必要になるといった留意点もあります。

 

くわえて、任意整理による解決と比較すると、この方法で和解に達しないといった場合は求められている利息をそのまま付けた額で払っていくことが求められることや最終的にはお金の貸し手に返す合計額が任意整理による手続きと比較して増える傾向があるという覚えておきたい点もあります。

 

地域

関連エントリー
絶対に無理でもテスト